ユナイテッド・アーバン投資法人

証券コード
8960

  1. ホーム
  2. 投資法人の基本方針
  3. 投資方針
  4. 投資対象用途

投資方針 - 投資対象用途

本投資法人が投資対象とする不動産の各用途の具体的投資基準は以下のとおりです。

商業施設 立地 首都圏並びに政令指定都市をはじめとする全国の主要都市及びそれぞれの周辺部。
留意点 商圏が有する潜在性・成長性、テナントの業態と商圏の適合性、商圏内での競合状況及び潜在的な新規競合発生の余地等分析を行い、投資対象不動産毎に、個別の立地特性による地域性、商圏の規模、業態毎の標準的な規模、各テナントとの賃貸借契約の内容、代替テナント確保の容易性、地域の将来性等を総合的に考慮。
オフィスビル 立地 首都圏及び政令指定都市をはじめとする全国の主要都市。
首都圏及び政令指定都市以外の全国の主要都市に関しては、その都市で十分な競争力のあるものに限定。
留意点 内外装のグレード感、天井高、設備仕様(電気容量、空調方式、通信回線数、セキュリティー等)等のビルの仕様が、当該ビジネスエリアの中で十分な競争力を持っているもの。かつ投資対象不動産毎に、個別の立地特性による地域性、代替テナント確保の容易性、地域の将来性等を総合的に考慮。
ホテル 立地 首都圏及び政令指定都市をはじめとする全国の主要都市。
賃貸借契約 原則として、リース方式(賃貸借直営方式)により運用する形態のもの。
規模 個別の立地特性による地域性や機能又は業態毎の標準的な規模をベースとし、地域の将来性を考慮の上で、適正規模を判断。
種類 投資対象とするホテルの種類は限定しない。
その他 立地特性及びマーケット動向(商圏・競合状況、宿泊目的・種別・人数・料金・稼働率等)、オペレーターの業績、決算内容等信用状況、賃料水準、賃貸借期間、敷金金額、中途解約条件内容、代替テナントの可能性等を総合的に考慮。
住居 立地 首都圏及び政令指定都市をはじめとする日本全国の主要都市及びそれぞれの周辺部。
その他 建物のグレード感、設備仕様、賃料水準、収益の安定性等を考慮。
その他 その他の投資対象不動産には、コールセンター、データセンター、研修施設、物流施設、工場・研究開発施設、通信施設、インフラ施設、ヘルスケア施設等が含まれます。その他の投資対象不動産については、用途が多様であることに鑑み、具体的な立地及び規模の制限は設けませんが、投資対象不動産毎に、個別の立地特性による地域性、代替テナント確保の容易性、設備の汎用性等を総合的に考慮した上で、投資を行います。

ページの先頭に戻る

投資対象不動産の用途が複数にわたる場合

以下の基準により各用途の割合を算出します。

  • ● 当該投資対象不動産の取得価格が50億円以下の場合は、その全てを賃貸可能面積が最大となる用途に区分します。
MZビル <例1>

C3MZビル

取得価格: 38億円
用途区分: ホテル
(用途:ホテル、店舗等)
MZ仙台ビル <例2>

D18MA仙台ビル

取得価格: 34.4億円
用途区分: 住居
(用途:住居、事務所等)
  • ● 当該投資対象不動産の取得価格が50億円超の場合は、当該投資対象不動産の各用途の賃貸可能面積比率に基づき評価額を按分して各用途に区分します。但し、賃貸可能面積が当該投資対象不動産の35%以下となる用途については、賃貸可能面積比率が最大となる用途に加えるものとします。
新大阪セントラルタワー <例>

B6新大阪セントラルタワー

取得価格: 240億円
用途区分: オフィスビル/ホテル
(用途:事務所、店舗等)

このページの先頭へ